<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

やってくれるね♪

昨日 ミスチルの新曲が発売された
なにをさておいても 朝一番でCDショップへ!
どこにも寄らずに すぐに帰宅して開封
早速聞いてみる

やってくれるね!毎回ありがとう!!
イントロから おしゃれなギターの響き
音に乗せられた不思議な言葉
崩された語音とリズム

ジャッカス見るのをやめて どろろにしようかなと思ってしまう 笑
どろろの主題歌のこの曲 映画をどんな風に飾るんだか見に行きたくなった

つたない私のクラシックの耳は
バッハの作る不協和音が好きなのだけれど
あの一見アンバランスな感じは病みつきになるのだけれど
同じようなアンバランスが今度の曲に あって ご満悦!

3月14日のは13枚目のアルバムが発売される

楽しみすぎる 笑
[PR]

by runjiro | 2007-01-25 08:39 | 日々思うこと  

作文

時折 無性に文章を書いていたくなる
昔から 手紙とか書くのが好きだった
ネットをはじめてからは 
簡単に多くの人に自分の作文を読んでもらえるし
そこから 多くのつながりをいただけた
だから 作文することが楽しい
何より 作文は心の整理になるから好きなのだと思う

以前は こんなたれ流しじゃなく 
ちゃんとした作文をしていた

ネットのいけないところは この文章のたれ流し感覚だ
誰もがだらだらを文章を書いている
きれいな 情景を思い浮かべられるような文章が少なくなった 
原稿用紙に書く作家の時代は終わった
パソコンに向かうのがプロの世界でも すでに常識だろう
花村満月が言っていた
パソコンで文章を作ることの 何がいけないのか
原稿用紙の直筆を見ないでも 人は作品に感動できると・・・

たしかにそう思う
でも 何かが違うともう思う

おそらく 文字を書くことに費やされる時間は
瞬時に活字化されることよりも
作文をしている本人にとって かけがえのない時間のような気がしている

何かが違う

また昔みたいに 紙と鉛筆と消しゴムを使ってみようか
[PR]

by runjiro | 2007-01-21 02:41 | 日々思うこと  

決意

いったい 何回目の決意だろう
娘の頃から通算したら すっごい数字になると思う

さて今回の決意は 短期決戦 笑

月末に 山小屋に行く予定だけれど
やはりこの半年で増えてしまった2キロが重い
体が軽いほうが疲れとかが少ない気がするのだ
あと一週間だから 2キロなんて減らせるわけはないけれど
せめて増えないように 胃が苦しくなるくらいには食べないように
そんなことぐらいは心がけたいと思う
[PR]

by runjiro | 2007-01-18 21:44 | 過食日記 ver.2  

スタッフ会議


私は普段は掃除をしに行くだけだけれど
昨日は 入居者さんが風邪による発熱で 作業所に行かなかったので
彼女昼食作りと 付き添いで ヘルパーに入らせてもらった
偶然用事がなかったので 入ることができた
結局 おなかがすかないということで昼ごはんも作らなかったし
ずっと 個室で寝込まれていたので なんだか ぶらぶらと過ごした
でも 誰かがいないといけないので 「いる」ことが私の業務だったのだった

一月に一回 グループホームのスタッフ会議に参加させてもらっている
毎回 一ヶ月の入居者さんの様子や それに伴う問題点 留意点などを話し合う

やはり 大きな問題は 女性に異様な関心を示すFさんの対応だ
今年に入って 男性職員が彼の入浴と朝の送り出しに付き添うことになった
男性がいれば 彼は自分のすべきことをやっていく
女性職員が 今まで甘やかしたというわけではないが
結果 そう見られてしまうことが すこし悔しい気もする

聞けば彼のお母様も軽度の障害をお持ちで
息子をいつまでも赤ちゃん的に見てしまってきたため
彼が大人としての自覚をもちにくくなっていることがわかった
また お母様がうまく愛情を伝え切れなかったため 
慢性的に母子分離不安からくる情緒不安定も持っているようだ
そういう生い立ちのために 社会性がうまく育たず
いろいろな作業所などで 暴力にもあってきたらしかった

母親に対する甘え 女性対する興味 コミュニケーション不足
それらが30年の間 ずっと彼の中でごちゃ混ぜになってしまっているのだろう
はじめて親元を離れて 共同生活に入って
今回 すごく悪い形で それらが出てきてしまったのだろう

男性職員が男性としての女性との接し方を指導していくことで
女性にすぐに手を出してしまうような行為は抑えられているけれど
そのかわりに 指しゃぶりやオムツの使用など 退行がはげしくでている
うまく社会になじめるようになるまでには時間がかかりそうである

具体的行動については 男性職員の対応指導を続行するしか
当面の手立てはないだろうということになった

根本的な人との関係性の正常化 花を育てるように 時間がかかるだろう
女性ばかりに目が向かないように 彼が熱中できるものをみつけていくこと
私たちは 母親にはなれないけれど みんなで彼の心をうけとめ
彼が一人の人としての自覚を持てるように 応援していこうということになった

二時間の間 ほとんどが彼についての話だった
偶然見つけた仕事先だったけれど すごくいい場所に出会えたと思える
職員さんたちが みんな誠心誠意で 
入居者さんのことをよりよい方向に持っていこうとする熱意を感じる

私は 息子たちが小さいときに使ったレゴを 提供することにした
手先を動かして 何かを作っていくこと・・・・そうすることで 
一生懸命になれるもの 自分自身で自分の心を満足させてあげられること
そういったものを探す きっかけになればいいと思う






 
[PR]

by runjiro | 2007-01-18 01:04 | ヘルパーのお仕事  

うじむし

家の近くで ばらばらになったものが
たくさん発見された

若いお嬢さんの家は 家から歩いて五分とかからない所
エリート社員さんの家は 自転車でも10分程度

偶然とはいえ なんだか あまり良い気持ちはしない

自分があやめたものを ああいった形で処分するのは
ものすごいエネルギーがいる

どちらも すごいパワーの帳尻合わせだと思う

殺意の裏に ものすごい鬱屈した精神を感じる

誰でもちょっとは不満やストレスを持ち合わせている
それがどうしてああいった形になるんだろうと思う
私には彼らの心持をすべて ばっさり あっけらかんと
悪だと割り切れない気持ちがある

いろいろ社会のゆがみが 形を変えて
人の心にうじみたいにわいている気がする
それとどうつきあっていくか どう飼いならしていくか
そのあたりが ちょっと彼らは下手だったんじゃないかな

そんな気がしてならない
[PR]

by runjiro | 2007-01-11 15:08 | 日々思うこと  

不思議なこと

小さい時から ずっとできないことがあった
自転車乗りもずっとできなかったけど 
35過ぎてから 乗れるようになった

もうひとつ 最近できるようになったことがある
昔から絶対できなかったことがあった
恥ずかしすぎていえない
自分でも不思議だし 教えてくれる人たちも首をかしげ
結局 みんなさじを投げてしまった
まぁ 生きていく上で それができなくても
全く問題はないので そのまま通り過ぎてきた

完全に あきらめたのは15歳のころか・・・
30代後半でもう一回 チャレンジしたけれどだめだった

ところが ひょんなことから 年末から
なにげなく再チャレンジしてみたら
なんと 年が明けてから 
自分なりのクリア感をもてるようになった
当然 完璧ではないけれど
今までの自己嫌悪を少し払拭させてくれるには足る結果だ

何が 変わったんだろう 私の中で・・・

すごく不思議な感じがしている
[PR]

by runjiro | 2007-01-06 18:07 | 日々思うこと  

あけましておめでとうございます

今年もまたよろしくお願いいたします



大晦日の晩から元旦の深夜にかけて ずっと格闘技をテレビ観戦して
珍しく全員そろって(といっても 義父は独自の道をいってますが^^;)新年の寿ぎをして
二日からは はや初仕事  ガイドヘルパーとしてホームの入居者さんと初詣に行き
三日は親族で中華料理を食べに行った帰り プロレス初観戦をした

三日間 ご飯を炊かなかった 笑
おもちとおせちとおしること 買いためてあったパンで食べつないだ

今日もヘルパーのちっちゃな仕事をふたつやってきて
さてこれから私は 年賀状を書く
[PR]

by runjiro | 2007-01-04 14:12 | 日々思うこと